首イボ治療の方法について

首イボのレーザー治療、治療費用と期間はどのくらい?保険の適用は?

投稿日:


この記事の所要時間: 629

毎日マメにケアを行っているのに、なかなか除去することができない首や顔などに染みついた小さなイボ。ひょっとしたらそれば「ウイルス型」の疣贅(イボ)の可能性があります。ウイルス性のイボを治すためには、普通の首イボを治療する方法とは異なる医療の力を借りることが望ましいです。イボを放ったままにしてしまうと他の人にも拡散してしまうおそれがあります。

今回はイボ治療の一種「レーザー治療」についてご紹介します。治療は痛い?どれくらいの期間がかかるの?料金はどのくらいかかる?これらの疑問についてもお答えいたします。

ウイルス性のイボ

首イボ ウィルス性
ウイルス性疣贅は、ヒトパピローマウイルスなどの細菌が皮膚の小さな傷口に侵入することから発生します。下着が擦れる胸や脇や頸部、物理的に摩擦を受けかつ皮膚が柔らかい場所にできやすいものです。服で隠れる部位はなかなか気付くことが出来ないため、発見したら悪化する前に皮膚科に受診することをおススメします。

医療でのイボ治療の種類

首イボ 医療
イボを除去する治療法には、ピンセットやハサミなどで切除する方法と、液体窒素を使って焼切る治療法、そして炭酸ガスレーザーで取る治療法です。

液体窒素とレーザーを使った治療は、主にウイルス性のイボに用いられます。脂漏性角化症のイボと違い、ヨクイニンエキスの内服では確実に治すことが難しいイボにとって有効な治療法なので、美容治療というよりは医療の治療といっても過言ではありません。悪性の場合もあるので、自宅での服薬治療よりも積極的に治療を受けた方が確実に治していく事が可能です。

液体窒素とレーザー治療のメリットとデメリット

レーザー治療
液体窒素を使って焼き取る場合もレーザーで取る場合も、イボを解消する点は大いに優れています。2つの治療法にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

治療期間には個人差がある

治療法によって期間が短くなるということはなく、その人のイボの状態と回復するペースによります。一回の治療で終わる人もいれば、数回継続して治療を行う必要がある場合もあります。詳しくは医師に相談してみましょう。

液体窒素は保険が適用される

美容治療と異なり、悪性のウイルスによって発症したものを治療することは立派な医療での治療なので、保険適用の治療となります。ところが、レーザー治療は全額実費で保険が適用されません。特に何度か通院しなければならない場合は、液体窒素の方が費用を抑えることができます。

液体窒素治療の場合、自己負担3割で一個の治療につき600~800円、これに初診費用と再診料がかかります。レーザー治療の場合は全て実費治療となります。一個のイボにつき5000円~、これに初診料が含まれます。どちらの治療にも麻酔クリームなどの費用が別途加算されます。

液体窒素は色素沈着の可能性がある

綿棒の先に液体窒素を浸け、先端をイボに当てて壊死させる治療は確実性こそありますが、火傷の状態にすることなので痕による色素沈着のリスクが伴います。特に顔や首元、デコルテ部分などはイボを除去できても治療痕の炎症がシミのように残ってしまうデメリットがあります。更に液体窒素には少なからず痛みが伴います。レーザー治療の蒸発とは違い、こちらは火傷からの切断という、物理的に負担の大きい治療となるため精神的な負担がやや大きいです。

レーザーの方が綺麗に治せる

美容治療として使用されている特長として、液体窒素と比べて痕の残らない綺麗な状態にすることが可能です。イボを取る治療も然り、レーザーはシミやホクロなどの色素沈着治療に使われているので、料金を負担するだけ痕の残らない綺麗な治療を受けることができます。特に顔など他者の目に付く場所に出来たイボに関してはレーザー治療をおススメします。

液体窒素では治せないイボ

レーザー治療は、液体窒素で治す事の出来ないイボに使われます。液体窒素では治療できないものと診断を受けた場合は、レーザーを受ける必要があります。費用そのものは高めですが、炎症痕を自分でケアするとなるとそれに適切な化粧品の費用や時間が大きく追加されます。イボの個数と範囲にもよりますが、アフターケアを考えるとレーザー治療の方が後々の負担を軽減して治療することができるのではないでしょうか。

今回のイボは悪性のウイルスによるものなので、医師としても医療的に治療しなければならない症状です。医院によっては費用を相談できる可能性があるので、困っている事を伝えましょう。

首イボのレーザー治療の流れ

レーザー治療を受けるにあたり、どのような流れで治療がおこなわれるのか?今回は山手皮膚科のレーザー治療のながれをご紹介します。

初診でテスト照射をおこなう

まず初めに、医師がイボの数と分布を診察します。まずは自分がどの部位の、どのくらいの範囲を治療したいのかをしっかりと伝えましょう。治療する範囲が分かったらイボを数個炭酸ガスレーザーでテスト照射します。これは治療によって後にケロイドなどの痕ができないかを観察するためです。観察期間には1~3カ月の時間を要します。痕が残らない様にリスクを回避するための準備なのでゆっくり待ちましょう。皮膚科によって異なりますが山手皮膚科でのテストに関する予約は不要です。

治療見積もり

テスト照射で傷が問題なく治ったら、いよいよ治療の見積もりです。治療希望範囲のイボをカウントして見積もりを出します。イボの大きさではなく、治療範囲のイボの形状に関わらずカウントしていきます。見積もりには予約が必要です。

イボを治療

治療見積もりを出したら、治療日時の予約をして遂に治療となります。イボが100個以上の場合は時間がかかるため、長時間行うので営業時間内での調整が必要となるため時間を合わせにくい場合があります。

レーザー治療の内容

レーザー治療というと焼切るような恐ろしいものを想像してしまいますが、現状はもっと落ち着いた治療です。レーザーを照射する前に麻酔クリームを付けるので痛みは少なく済みます。医師は一つ一つ拡大鏡で確認しながら、見逃すことなく丁寧にガスレーザーでイボを蒸散します。

イボの痕は浅い傷のようになりますが、抗生剤の入った軟膏を塗るので徐々に消えていきます。個人差はありますが、赤みは3~6ヵ月でターンオーバーとともに消えていきます。

診察で、「脂漏性角化症」などウイルス性のイボでない場合もレーザー治療は行うことができます。どちらも料金は自己負担で料金に大きな変化はないので、悪性のものでないとしても除去してもらうとセルフケアよりも比較的早くイボを除去することができます。イボの個数にもよりますが、美容治療としても気になる部分を綺麗にできるのでおススメです。原理は同じく炭酸ガスレーザーによる分散治療となります。痛みも少なく痕の残らない綺麗な状態に戻すことができます。

確実かつ綺麗に治したいならレーザー治療

レーザー治療 完治
従来の治療では比較的費用が高くなってしまいますが、後遺症のリスクを抑えると共に痕に残らない綺麗な治療を求めるなら、炭酸レーザーによる治療をおススメします。冷凍治療による水ぶくれなどのトラブルが少ない為、見た目も綺麗にイボを取り除くことができます。不明点や不安な点は積極的に医師に相談してもらいましょう。治療前に費用や時間のシミュレートをしっかり行えば大きな失敗をせずに済みます。

まずは相談、そして自分の都合に合わせた無理のない方法をおススメします。特に今回例としてご紹介した「山手皮フ科クリニック」はとてもわかりやすく、治療手順の説明を提示して相談しやすく治療を受けやすいクリニックと評価します。

-首イボ治療の方法について

Copyright© 首イボの原因や治療【ヨクイニン】なら , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.